歯医者で笑顔がさらに綺麗になる~ピカピカわっ歯っ歯~


Dentist

正しい方法で

歯が抜けてしまう可能性のある歯周病の治療

物を食べると食べかすや歯石などがついてくる。 歯磨きの指導で幾分か食べかすや歯石は除去できる。 しかし、歯茎の歯周ポケットに入ったような歯石や食べかすは通常の歯ブラシの歯磨きでは除去し入れないことも多々ある。 また口の中には通常細菌が存在し、その除去されない食べかすや歯石を栄養源として生きており、それらが腐敗してきて歯茎が炎症を起こしてきたりする。 そのためかなり多くの人が歯周病に悩まされる。 その歯周病は放っておくと歯が根からぐらついてきて抜けてしまうことさえある。 そこで、歯周病の対策として歯科で行われていることは、まず歯磨きの指導、そして取り除けない歯周ポケットの歯石の除去などである。 通常歯科に3ヶ月くらいに一回くらい歯周病の治療として、歯石の除去を兼ね予防検診を受けることにより、歯周病の進行は遅くなり、また虫歯等はその一環として早期治療となるため、虫歯治療も効率がよいとされている。 そういうわけで、歯科に歯周病の進行を極めて遅くするために、歯石の除去を兼ね受診することがおいしいものをいつまでも食べられるようでありたいなら望ましいとは思う。

歯周病は歯の治療じゃないのに歯科で治せるのか

歯周病は実はそもそも歯の根を支える歯茎そのものであるから、歯科で治療できるのか分からないと思う人も多いかもしれない。 しかし、その歯のそもそもの根を支える歯茎の問題であるので、根元が炎症起こしてしまうなら歯そのものが虫歯になったり、抜けたりするのは当たり前である。 そこで、通常歯周病の治療は歯科にて健康保険の適用として受診できる。 そのようなわけで、3ヶ月くらいにいっぺん程度、歯ブラシでは除去できないような、歯石を除去してもらうべく、歯科に通うことにより、歯周病の進行をきわめて遅らせ、歯が抜けたり虫歯になることを予防しつつ、さらに虫歯の早期発見早期治療を行うことが、おいしいものを食べて生活することを継続するためにはベストであることではあるだろう。 歯周病対策として歯科に通うことは、虫歯の早期発見早期治療にも役立ち、結果長くその歯を使えることになるだろう。