歯医者で笑顔がさらに綺麗になる~ピカピカわっ歯っ歯~


Dentist

治療技術の進化

歯医者の昔と今の違い。

昔の歯医者は数が少なく貴重に存在でした。大学を出て医師免許を取得してすぐに開業していたことが多く、技術もハイレベルということもなかったようです。そのため、歯医者は嫌なところであり治療は痛いものという概念がありました。ところが、最近の歯科のレベルはどんどん上昇し、歯医者イコール痛いという概念はより払われてきました。麻酔技術の進歩により、安全ながら治療時の痛みはほとんど無いという素晴らしい治療が出来るようになりました。もっと遅くにこの世に生まれていたら、もっときちんと歯の治療をして、綺麗な歯を残すことが出来たのにと残念がる人も多いことでしょう。しかし、歴史の長い歯医者では昔ながらの治療方法を行っている歯医者もあります。まず、医者とよく相談のうえ治療を始めることをお勧めします。

自分が行きたいと思える歯科を選びましょう。

最近の歯科治療技術には著しい進歩が見られるのは周知のことです。ただ、患者に選ばれる良い歯医者というのは別問題です。良い歯科医というのは続けて治療に行きたいとと思ってもらえるような歯医者ですね。痛くない治療はもちろんのことですが、インプラントや矯正技術等の専門技術がすぐれていることも選択枠のひとつですね。医師の技術の高さが分かります。又、施設設備の優れているところも魅力があります。建物が綺麗で治療設備も整っていると、なんだか安心するような気がします。ただ、それだけでは本当に良い歯科医かどうかは分かりません。行こうと思う歯医者に、とりあえず電話をしてみることです。電話での対応により、その歯科の印象がかなり左右されることでしょう。自分の納得いく方法で、この先長くお付き合い歯医者かどうかを決めるとよいでしょう。